院長 石川友一
(Yuichi Ishikawa)

皆様、こんにちは。2024年4月より、茅ヶ崎金沢内科の院長を務めさせていただくこととなりました石川友一(いしかわゆういち)と申します。

私は、小児科医として自身のキャリアをスタートし、その後循環器分野における専門性を深めてまいりました。福岡市立こども病院で数多くの小児心臓病の診療を経験し、榊原記念病院や心臓画像クリニック飯田橋にて成人循環器疾患についても特に画像診断を中心に多くの経験を重ねてまいりました。

茅ヶ崎金沢内科では、この豊富な経験を活かし、患者様一人ひとりのニーズに合わせた診療を心掛けていく所存です。

小児心臓病は手術や大掛かりな内科治療など、乳児期に大きなイベントを乗り越えて成人される方が多く、患者様が心臓病を抱えながらも健やかに成長し、楽しく社会活動に参加していけるようなサポートが欠かせません。また、成人後に出現する合併症に苦労される方も多いため、予防的管理や早期発見が極めて重要です。

一方、狭心症や弁膜症、心不全などの成人循環器疾患はその大部分が好ましくない生活習慣を基礎に、高血圧、糖尿病、高脂血症などのいわゆる生活習慣病を経て静かに病状が進行し発症します。一度発症すればダメージが大きく、後遺症に悩まれることとなるため、やはり予防的管理、早期発見が極めて重要です。

つまり小児、成人とももっとも重要なことは、循環器疾患に進展させない、病状を悪くしない予防的管理ということになります。循環器疾患を引き起こす高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を適切に治療し、さらにはより予防的に、これら生活習慣病に進行しないようなライフスタイルを全力でサポートいたします。良好な食事・適度な運動・よい睡眠は健康維持の基本です。学業やお仕事などおひとりおひとりのライフスタイルにあったよい生活習慣を提供したいと考えております。

健康で豊かな生活を送ることは、誰もが望むことです。私たちは、地域社会の皆様がいつも笑顔でいられるようサポートに努めます。患者様とご家族全員、老若男女問わず安心して治療を受け、毎日を過ごせるよう、心からのケアを提供することが、私たちの使命です。

茅ヶ崎金沢内科は、皆様の健康を支える信頼できるパートナーでありたいと願っています。私たちと一緒に、健やかな未来を築いていきましょう。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

どうぞ、今後とも茅ヶ崎金沢内科をよろしくお願いいたします。

主な略歴

北海道大学大学院医学研究科 博士課程卒業
北海道大学病院入局 道内基幹病院
榊原記念病院 循環器 医長
CVIC心臓画像クリニック飯田橋 診療部長
福岡市立こども病院 循環器センター 循環器科 医長
福岡市立こども病院 循環器センター 循環器科 診療科長

資格・所属学会

日本循環器学会循環器内科専門医
日本超音波医学会専門医
日本肺高血圧・肺循環学会
日本心エコー図学会
日本小児科学会専門医・指導医
日本小児循環器学会専門医・評議員
日本小児循環動態研究会 幹事・事務局
日本小児心臓MR研究会 代表理事